« ゼロの焦点 | トップページ | 自己実現 »

2010年3月22日 (月)

プラッと遠州三山

お彼岸だからと、Hさんからお誘いいただいた。

可睡山に油山寺、それに法多山の遠州三山を巡って走るのだ。

Cimg0152

ゴール和の湯まで26km程しかないが、

天気も昨日とはうって変わってランニング日和になった。

それで今日も、気分良く爽快に走れましたよ。

Cimg0153

遠州の三山には、それぞれちょつと変わった名がついている。

可睡は、江戸初期の15代の時にその名に変わった。

Cimg0156

その十五代住職が、浜松城の徳川家康に呼ばれた。

家康がまだ若くて城主なりたての頃らしい。

Cimg0157_2

だが住職は、その家康の前でこっくりこっくり居眠りをしていたと言う。

その時家康は、叱責をするのではなく、和尚を大いに褒めたと言う。

Cimg0159_2

「自分をそれ程まで信頼してくれていたのか!」と言う訳だ。

それで、以後「可睡」と称するようになったとか。

Cimg0161_2

油山寺は、もっと単純だ。

寺の奥の院に「るりの滝」がある。

Cimg0164_2

かつてこの滝からは、常時油が流れ落ちていたと言うのだ。

故に油山寺と言うのだそうである。

Cimg0165

その滝の上手には、立派な三重塔が立っている。

どうもその辺に秘密が有るのかもしれない。

などと、あちこちを見渡しながら呑気なランニングなのだ。

Cimg0168

そうして最後は、風呂に入って喉を潤す。

とにかく、長生きするような一日であった。

ともあれ、共に走った仲間に感謝である。

|

« ゼロの焦点 | トップページ | 自己実現 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

とても楽しく贅沢な一日でした。

これがエンジョイマラニックです。

ご参加ありがとうございました。

投稿: ヒロボー | 2010年3月22日 (月) 19時38分

sun小春日よりの一日気持よく遠州三山26㌔runそしてspaそのあとのbeer最高な一日でした。ありがとうございました

投稿: うっちゃん | 2010年3月22日 (月) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/47878523

この記事へのトラックバック一覧です: プラッと遠州三山:

« ゼロの焦点 | トップページ | 自己実現 »