« 面の皮賛歌 | トップページ | 地球と私達 »

2010年3月10日 (水)

何気ない日常

私達は、日常を生きている。

夜が明け太陽が昇り、やがて西に傾いて沈む。

そして、やがて暗闇に包まれていく。

Cimg9952

そんな光の満ち引きの中で人々は、

車や電車に乗って職場に集まり、やがて散っていく。

暗くなれば自分の家に帰り、家族と共に眠りにつく。

Cimg9884

殆どの毎日が、昨日と同じ繰り返しなのだ。

もちろん、移動することで新たな出合があったりするが、

気の遠くなるような日常の連続であることに変わりない。

Cimg9863

だが、その単調な繰り返しの蓄積が、

蛹が蝶になるように、新たな変化を引き起こす。

小学生が中学生になり、やがて何時の間にか成人していく。

Cimg9948

そう。毎日の人の満ち引きの中から未来が生まれていくのだ。

そのようにして、私達は生きている。

今日の日常から、明日は何を生み出せるだろうか?

このことは、常に考え続けていたい。

|

« 面の皮賛歌 | トップページ | 地球と私達 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何気ない日常:

« 面の皮賛歌 | トップページ | 地球と私達 »