« 何気ない日常 | トップページ | 虚栄の砦 »

2010年3月11日 (木)

地球と私達

昨年8月11日早朝の、東海沖地震の記憶が未だ残る中、

21万人余の死者を出したハイチ地震、

それに先日のチリ巨大地震にトルコの地震と、

Cimg9904

立て続けにこの地球が震えている。

この地球は、真空で暗黒の宇宙を超高速で運動している。

その地球からすれば、

Cimg9874

私達はその表面の土にしがみつく塵にすらならない。

巨大に成長したように見える人間社会だって、

実は極めて頼りないものでしかない。

Cimg9873

私達は、大地が不動のものだと信じているからこそ、

地震を恐怖するのだ。

6500万年前の恐竜の絶滅だって、

Cimg9811

直径10㎞程の小惑星の衝突に過ぎなかった。

衝突で飛び散った塵が大地を覆い、極寒の世界になったからだ。

それに先日のチリの地震で、地球の地軸が少しずれたそうだ。

春夏秋冬をもたらす自転軸の傾きだって、

Cimg9802

永年にわたる地球のそんな動揺の結果なのだろう。

宇宙の摂理からすれば、私達人間はいかにもか細く無力だ。

|

« 何気ない日常 | トップページ | 虚栄の砦 »

「自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/47784091

この記事へのトラックバック一覧です: 地球と私達:

« 何気ない日常 | トップページ | 虚栄の砦 »