« 行と我執 | トップページ | 和倉温泉 »

2010年3月15日 (月)

雪の白川郷

思いがけず飛騨の白川郷を訪れた。

もう春風かと思いきや、数日前の寒波で相変わらず雪の白川だった。

実は、ミステリーツァーで静岡空港から飛び立ったのだが、

Cimg0121

着陸したのは、石川県の小松空港だった。

それで、今日から北陸周りかと得心したのたが、

なんと、バスはドンドン山に向かっていく。

Cimg0120

そして着いたのが、岐阜県の白川郷だったのだ。

果たして、直接ここに向かうのとどうだったか?

ともあれ今回は、日本海側から白川に入った。

Cimg0119

昼飯のレストランで東京からの客と一緒になった。

飛行機でここに来たと言ったら、何故かシーンとなった。

白川には、30年ほど以前に泊まったことがある。

Cimg0118

しかし、世界遺産にも登録されて、すっかりと観光地化した。

東海北陸自動車道の開通も、この地を街道沿いの観光地にしたのだ。

でも、庄川には雪解け水が音を立てて流れ、

Cimg0117

100余戸の合掌づくりの家屋は健在であった。

茅の葺き替えには、多くのボランティアが集まるのだという。

とにかく、このたたずまいを未来に残すのは、容易ではなかろう。

それでもこの白川郷は、現代と言う異次元の時代を生きている。

|

« 行と我執 | トップページ | 和倉温泉 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/47820381

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の白川郷:

« 行と我執 | トップページ | 和倉温泉 »