« アナログ異聞 | トップページ | 下愚の性 »

2010年4月 9日 (金)

岐山

岐阜駅前広場に、金色に輝く織田信長像が佇立している。

昨年、岐阜市制120年を記念して建てられたのだそうだ。

Cimg0244

美濃を制する者は天下を制すと言われ、

信長はこの地の攻略に心血を注いだ。

そうして手に入れたこの地を、岐阜と改める。

Cimg0246

中国の岐山と曲阜から取ったと伝えられ、

岐山は、週の王室が遷都して発展の契機となった所だ。

標高334mの金華山の山頂には岐阜城が聳え、

Cimg0241

美濃平野を睥睨している。

京に近くて米が豊富に取れる美濃は、街道の集まる所でもあり、

天下布武を目指す信長にとってまさに絶好の地勢だったろう。

Cimg0240

今年、その岐阜県で「岐阜清流国体」が開かれる。

金色に輝く信長は、訪れる選手達に何を語りかけるのだろうか。

|

« アナログ異聞 | トップページ | 下愚の性 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岐山:

« アナログ異聞 | トップページ | 下愚の性 »