« パンツの話 | トップページ | 平城京へ »

2010年4月15日 (木)

人と人

人は、仲間があると安心していられる。

だから自分が後生大切なのに、拘束されるはずの組織に属したがる。

それは会社だったり、学校や地域社会、

Cimg0204

サークルや趣味の会だったりもする。

それが何かの都合で、例えばリストラとか定年退職とかで切り離されると、

想像以上に空虚な気持ちになる。

Cimg0234

それまで関っていた人達と縁が切れてしまうからだ。

やっぱり人は、人と関って生きているんだ。

安心が欲しかったら、人と関る場に出て行くことだ。

Cimg0139

近年、引きこもりなんてのがある。

あれは、自ら心を空洞にしてしまっている人間だ。

感動もないし、表情だって無機的でしかない。

Cimg0138

人間関係を遮断すれば、当然そうなっていくのだろう。

だから私達は、努めてあちこちに帰属すべきだ。

そしてその煩わしさは、ひょつとすると人生の甲斐かも知れない。

Cimg0129

迷惑と思わずに、コミュニティーに自ら関ってみることだ。

そうすると「一人じゃないって、素敵なこと♪」って分かるよね。

|

« パンツの話 | トップページ | 平城京へ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人と人:

« パンツの話 | トップページ | 平城京へ »