« 岐山 | トップページ | 薫風に向かって »

2010年4月10日 (土)

下愚の性

今日は、市自治会連合会の総会である。

連合会の理事は31名で、ほぼ市議会議員の数と同じだ。

Cimg0279

議員には歳費が支給され、執行部の提案を審議するだけだ。

だが地区長(理事)は、各自治会長をリードして物事を進める立場だ。

昨年一年間に、60日以上をこのために費やしている。

Cimg0277

それに歳費などないから、自前の経費と手間隙をつぎ込むしかない。

言うならば、手弁当で責任の思いボランティアをやっている。

私も昨年から、止む無くこの理事を努めている。

Cimg0276

ところが、何か野心が有るかのようなやっかみの声が聞こえてくる。

好きでやっている訳でもなく、

誠に以って馬鹿馬鹿しい話だが、それが人の心なのだ。

Cimg0275

分かってはいても、はなはだ腹立たしい。

吉田兼好の徒然草に、

「人の賢を見てうらやむは尋常なり。

Cimg0278

至りて愚かなる人は、たまたま賢なる人を見て、これを憎む」とある。

下世話な世間は、そんなものなのである。

|

« 岐山 | トップページ | 薫風に向かって »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下愚の性:

« 岐山 | トップページ | 薫風に向かって »