« 人間と言うもの | トップページ | 岐山 »

2010年4月 8日 (木)

アナログ異聞

携帯メールばかりか、ブログにツイッター、

密かにも大っぴらにも情報が飛び交っている。

まぁ~、便利になったと言うべきだろう。

Cimg0213

そして電子媒体上には無限大の情報が蓄積されている。

そのお陰で百科事典はもとより、

郵便も新聞もその存在が脅かされている。

Cimg0214

で遂にこの三月から、日経新聞が有料の電子配信を始めた。

ペーパーレスの新聞が成功するのかどうか、その関心を集めているのだ。

それはともかく、メールの登場で人間関係も変わった。

Cimg0215

典型的なのは、別れの場面がなくなったことかな?。

かつては、電車だって飛行機だって、見送りってもんがあった。

ドリフターズが「汽車の窓から手を握り・・・

Cimg9799

・・ホームの陰で泣いていた・・ズンドコ・・」なんて歌ってた。

だけど今、そんな景色は何処にもない。

電車の窓も開かなくなったけど、なんたって携帯電話の影響だ。

ちょつとメールを送れば、直ぐに返信が来る。

別れの劇的な場面など生まれようもないという訳だ。

これを味気なくなったと言うべきか否か?

|

« 人間と言うもの | トップページ | 岐山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナログ異聞:

« 人間と言うもの | トップページ | 岐山 »