« 亡国のマニフェスト | トップページ | 有限の生 »

2010年4月30日 (金)

退任

何とも、腹立たしいと言う他ない

ある独立行政法人の所長が、任期を残して退任した。

この方は、私の尊敬する人格者の一人だ。

Cimg0428

この数年来の所長としての手腕も、社会的活動も見事なものだった。

その方が、例の無法な仕分けの前にがっくりと折れてしまった。

某女子のような一面的な視野の人間に、所詮何を言っても無駄だった。

Cimg0142

そもそも、研究の内容なんかには何の関心も示さない。

関心は、ただただ金を搾り出すことだった。

無駄な研究と決め付ければ、そこから金を吸い上げることが出来る。

Cimg0429

とにかく、マニフェスト(選挙向け)のためには金が必要なのだ。

立場の違いは、如何ともし難い。

本来、仕分けすべきは某党のマニフェストである。

Cimg0245

際限もないバラマキ(人気取り)のために、国債を積み上げている。

国の財政は、既に破綻状態のギリシャの比ではない。

それにも拘らず、将来の国の財産の開発(研究投資)をもカットしている。

Cimg0446

彼らは権力を嵩にきて、国の為に働く人々の志を挫いているのだ。

政治ショーのためには、どんなことだってやってのける。

選挙を前にして、とにかく人気が欲しいのだ。

|

« 亡国のマニフェスト | トップページ | 有限の生 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 退任:

« 亡国のマニフェスト | トップページ | 有限の生 »