« 八ヶ岳の麓 | トップページ | 歴史を生きる »

2010年5月19日 (水)

100kmを走る人々

今年の野辺山には、1700人余のウルトラランナーが集まった。

前夜には、カーボローディングを兼ねたパーティーが開かれる。

Cimg0489_2

デカフォレストのパネルトークや、

山梨学院大チアリーダーの演技など、

Cimg0496

翌日のガイダンスと共にウルトラレースを盛り上げる。

デカフォレストとは、

このレースを10回以上完走したランナーの称号だ。

Cimg0500

一般のランナーとはゼッケンも違うし、

特別の控え室まで準備されている。

勿論私は、このデカフォレストでゼッケンは13番である。

Cimg0509

ところで今回、女性で初めてデカフォレストにリーチをかけた人がいる。

今回のレースを完走すれば、女性初のデカフォレスト誕生となる。

その女性が、私達小笠山RCのメンバーなのである。

Cimg0528

と言う訳で彼女は、レース説明会でのパネラーや

選手宣誓などと引っ張りだこになった。

このレースは今年で16回目だが、デカフォレストは59人しかいない。

Cimg0536

人それぞれ、永い間には体調不良や家庭事情など色々なことがある。

そいつを押しのけて、このタフなトライアルを10回もクリアーするには、

よほど心身ともにタフで諸条件に恵まれなければならない。

Cimg0535

当然ながら、ウルトラランナーの一種の憧れなのだ。

だからレースの途中では、色んな方が話しかけてくる。

とは言え、初心者だろうがベテランだろうが、苦しいことに変わりは無い。

ただ、苦しさに耐えて、それを乗り越える術を知っているだけだ。

Cimg0537

ともあれ、今回の彼女の挑戦である。

結果は残念ながら、途中で足に痙攣を起こし93kmで潰えてしまった。

それでも93kmまで走り続けた気力を大いに讃えたい。

|

« 八ヶ岳の麓 | トップページ | 歴史を生きる »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 100kmを走る人々:

« 八ヶ岳の麓 | トップページ | 歴史を生きる »