« 退任 | トップページ | 言霊 »

2010年5月 1日 (土)

有限の生

ああ生きてもこう生きても、一生は一生だ。

それに大切なのは、人生は有限だってことだ。

Cimg0414

馬齢を重ねても、その事を得心していない。

人生は分岐点の連続だし、舞台は次々と変わっていく。

意気揚々の日があったかと思えば、

Cimg0412

時に、雨の日の捨て犬のようにショボクレていたりもする。

日々の舞台を努めるのが精一杯なのだ。

やがてドラマは、主役の交代の時期を迎える。

Cimg0411

そのうち、フィルムも残り少なくなるだろう。

思いは無限なのだが、生命の原理はそうはなっていない。

あれもこれもは所詮無理な話なのだ。

Cimg0403

それよりも、何が出来たかではなく、

何処に向かって生きたかが大切なのだ。

そして、分岐点の全てで自分がその道を選んだのだ。

Cimg0402

そう、「俺は俺でよし」なのだ。

有限の人生を、反芻しながら歩かなくっちゃね。

|

« 退任 | トップページ | 言霊 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有限の生:

« 退任 | トップページ | 言霊 »