« 日々是禁酒 | トップページ | ホームタウン »

2010年5月 4日 (火)

退屈との格闘

この連休は、如何お過ごしでしょうか?

退職後の年金生活になると、

Cimg0459

毎日こんな具合に長大な時間が手に入るのです。

こいつを羨ましいと考えるのか否か。

Cimg0431

多分に、人生観によって見解が分かれるのかな?

ところで最近では、公共施設が結構賑わっているらしい。

図書館とか市民体育館のジム、それに水泳場などだ。

つまり、朝から図書館に出かけてそこで雑誌を読む。

弁当を食べたら体育館かプールで汗を流し、

Cimg0456_2

そいつに飽いたら温泉風呂だ。

風呂から出ると頃合の時間になる。

仲間を誘って、近所の居酒屋に繰り込む。

Cimg0461_2

まあ~、そんな具合の毎日だと言う。

なんと羨ましいことと思うのだが、

しかしこれが退屈との格闘らしいのだ。

Cimg0466_2

かく言う私はどうかって?

それが、午前中は朝飯もそこそこに山に走りに出かける。

帰宅すると昼飯のいとまも無く、

Cimg0463

葡萄の誘引・摘房作業である。

足は棒のようになるし、アッと言う間に外が暗くなる。

そうして、風呂から出ると布団に倒れこむように眠りにつく。

どっちも、似たようなもんかな・・・。

|

« 日々是禁酒 | トップページ | ホームタウン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

<福祉>とは ふ→ふだんの く→くらしの
       し→しあわせ
<人の幸せとは>
・愛されること ・誉められること 
・役に立つこと ・必要とされること
☆人生に引退はない、今まではのんびり余生を
 過ごすと、病気になるか、痴呆となる。老後に何もしないは過去の話し、高齢者が働いて
豊かにすること。何もしないでのんびりすることは罪悪、「生きることは働くことに変化」、素晴らしい地域・真善・手を取り合って、人の為に泣け、笑う毎日。「微笑十徳」笑いは脳の血流を活発にらする、免疫力のスキルアップで周りを楽しく心豊かにしてくれる。
☆老人の心得は
 ・家族に好かれる ・地域に喜ばれ、子供た ちに信頼されて、良い老人は社会に有益。
☆政治家は数、8669746(高齢者の数)、1年で
2500名(22.4%)、老人力も数の力で主張しよう。人生経験と苦難「成功と失敗」の繰り返し永い時間に育くまれた知恵と叡智を糧に自信を
持って、歩もう、還暦過ぎ、年金生活に誇りを持続し、”いつも歩く道を離れて、未踏の森へ飛び込み、新しい物を探せ” バンドラの箱を開く知力→Epocaking→「万歳」。生命力・肝の座った見識 ゜胆議 " →「傾聴」の真髄を究めて・・・・。好奇心を忘れない山草人の脱皮を求めて、マンネリ化・妥協は許されないぞ!!!。
 ・

投稿: 静岡 老婆心 | 2010年5月11日 (火) 03時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 退屈との格闘:

« 日々是禁酒 | トップページ | ホームタウン »