« 鴨南蛮 | トップページ | 人生の帳尻 »

2010年5月30日 (日)

カレッジ・ライフ

学生時代のあの自由な気分は、思うだに懐かしい。

再びそんな境遇が得られると期待してかどうか、

Cimg0568

中高年になってから、改めて大学に学ぼうという人も多いようだ。

或いは、熟年の経験を踏まえてのことだから、

本当の学問が出来るかもしれない。

ともあれ、大学が今「人材育成」に本気になっている。

Cimg0567

トコロテン方式の教育でなく、産業教育に本気になっている。

それは大学の法人化とも大きな関わりがある。

文科省からの補助金は年々減らされるから、

自前で稼ぎ出す必要があるのだ。

Cimg0566

実はその試みに私も幾分関っている。

先日、その講座の開校式があった。

32名の方々が、本格的に企業的な農業経営を学ぼうと集まった。

勿論、農業者だけでなく企業からの派遣者や脱サラ組もいる。

Cimg0565

それぞれ思いも様々なんだろう。

だが、業としての農業は誰もが出来るものではない。

しかも、旧弊を打破して新しい農業を切り開こうと言うのだから、

相当な資質が無ければ学んでも無駄だ。

Cimg0564

とは言え、様々な人士との交わりの中から生まれるものもある。

それが大学と言う独特の風土でもある。

立場の違いが思いがけないヒントや成果を惹起させるのだ。

32人の皆さんに、そんなカレッジ・ライフを期待している。

|

« 鴨南蛮 | トップページ | 人生の帳尻 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カレッジ・ライフ:

« 鴨南蛮 | トップページ | 人生の帳尻 »