« 幸せは脳で作る | トップページ | 子供達の未来 »

2010年5月 8日 (土)

長寿と年金

大丈夫?と思うのがこのことだ。

江戸時代には、人生50年と言われた。

Cimg0349

そんな昔でなくても、20年ほど前までは定年が55歳だった。

56歳から年金が支給されたのだ。

寿命が今よりも短くて、定年から10年位で大抵が亡くなった。

だから年金制度も問題なく機能していた。

Cimg0343

だけど今、65歳からの年金でも85歳位までは生きる。

かつての平均寿命に即した年金制度が、

国家財政と相俟って些か心配になる。

そもそも動物の命は、生涯の心拍数と細胞分裂の回数で決まる。

Cimg0342

だから、心臓の鼓動が早いネズミとかリスは短命だ。

それに比べると、象とか亀はゆっくりだから長命だ。

長生きするには、心拍を少なく巣りゃ良いことになる。

ちなみに私は、スポーツ心臓で普通の人より三割は少ない。

Cimg0468

それにもう一つ、生殖活動の継続が肝心らしい。

老いと言うのは、生殖活動を止める事から始まるらしいのだ。

それには何と言っても栄養状態の維持かな。

もつとも、年金制度も財政破綻でギリシャみたいになったら、

心拍数が増えて、私達の寿命も短くなるのかな?

|

« 幸せは脳で作る | トップページ | 子供達の未来 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長寿と年金:

« 幸せは脳で作る | トップページ | 子供達の未来 »