« 青春! | トップページ | 梅雨の合間に »

2010年6月20日 (日)

ぼくだって・・

生きる意味を探し出すってことは、

その人の一生の命題なのかもしれない。

Cimg0612

そいつを問い続けていって、はたして結論が出るものかどうか。

それに死ぬまで生きなきゃならないんだけど、

人間は何時でも何処でも本当はただ一人きりの生存なのだ。

だから誰に聞いたって、そんな馬鹿なこと教えてくれやしない。

Cimg0615

古来、文学の命題はそれを考えることだし、

歴史上の人物への憧憬も多分に教訓的だからだ。

生まれた時や時代でも、その価値観は様変わりするだろう。

仮にパレスチナとかイラクに生まれたとしたら、

Cimg0610

或いは北朝鮮に生まれていたら、一体どんな人生になるのか。

如何に死ぬかなんて考えてるかもしれない。

それとも、生き残ることに懸命だろうか?

そんなに大袈裟でなくとも、生まれた家や両親の影響は大きい。

Cimg0543

人は環境に育てられるのだ。

ともあれ僕だって、未だにその意味を問い続けている。

このブログを書いているのだって、その表現の一部なのだ。

|

« 青春! | トップページ | 梅雨の合間に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぼくだって・・:

« 青春! | トップページ | 梅雨の合間に »