« 人生の帳尻 | トップページ | 人は平等? »

2010年6月 1日 (火)

真とも

兎に角、真ともじゃないね。

「もう、いい加減にしろ」って言いたい。

Cimg0191

・・という場合の「真とも」って言葉について考えている。

この言葉は、日本の周りを千石船が行き来していた頃に生まれた。

舟の推進力は風任せだから、風待ちをしなくちゃならない。

風が船尾(トモ)の方から吹くのを待つ訳だ。

Cimg0526

この風が吹けば、舟は帆を膨らめて順調に進むことが出来る。

この順風のことを「真とも」と呼んだ。

逆風なら舟はジグザグに進む他なくて、推進力はすこぶる落ちる。

行きつ戻りつとなってしまう。

Cimg0493

ちょうどあの普天間基地移設がそうだよね。

ところで現代の舟には、日本丸を除いてすべからく動力がついている。

順風だろうと客風だろうと、グイグイ進めることが出来る。

ところが日本丸は、相変わらず帆船だったらしい。

Cimg0533

順風を待ったつもりだろうが、元の港に吹きもどされっち待った。

腹案なるものが、そもそも真ともじゃなかったんだね。

これ、マトモな話 !

|

« 人生の帳尻 | トップページ | 人は平等? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真とも:

« 人生の帳尻 | トップページ | 人は平等? »