« 縛変 | トップページ | 自分史を辿る »

2010年6月27日 (日)

風呂に浸かって

一日の終わりに風呂に入る。

大抵の人が、そんな日常生活を送っている。

Cimg0679

だけど40年程前までは、風呂焚きは一仕事だった。

水道もガスも無かったから、井戸から水を汲んで、

槙や藁を燃やして風呂を沸かす。

大変な作業だから毎日という訳には行かなくなる。

そう・・・、藁に火をつけて放り込むと、

Cimg0758

猫がひげを焦がして、脱兎の如く飛び出してきたっけ。

昔は兎も角、今では「お風呂が沸きました」とアナウンスすらある。

そんな風に様変わりしたのに、

何時の間にかそれが当たり前になってしまった。

しかして貴重な風呂のはずなのに、私の風呂は行水と同じだ。

Cimg0757

ドボンと浸かって、あっさりと出てしまう。

ところが、これが温泉に行ったりすると様変わりする。

始めからゆったりと浸かろうとするのだ。

入浴料500円也の元を取ろうとする根性かとも思うのだが、

それが少し違うのだ。

Cimg0763

特に私の場合は、ランニングの後の温泉が多い。

先ずは疲れた体をいたわると共に、自分を褒めていることが多い。

それにちょつとキザかも知れないけど、人生の来し方を思ったりする。

「遅き日の つもりて遠き 昔かな」は、蕪村だったか・・・。

|

« 縛変 | トップページ | 自分史を辿る »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風呂に浸かって:

« 縛変 | トップページ | 自分史を辿る »