« 世渡り | トップページ | 平穏有事 »

2010年6月24日 (木)

バッコ

イタリアの言葉で、酒のことだ。

このバッカス神と私達は、切ても切れない関係にある。

Cimg0681

毎晩酔いつぶれて体を壊す人もいるし、

上手い具合に潤滑油に出来る人もいる。

私の場合、このバッコに極めて弱くて、

実は良い思い出はあんまり多くはない。

Cimg0695

それに飲むと眠くなるし、酒が冷めると逆に冴えてしまう。

要するに、あんまりこいつと相性は良くないのだ。

それもあって、暫く前から晩酌は一切止めにした。

だから飲むのは、みんなでワイワイとやる時だけである。

Cimg0725

それで、そのワイワイが時に恋しくなったりする。

飲んで騒いで羽目をはずしたくなるのだ。

そう、飲む時には可能な限り自分を脱線させようと思っている。

バッコの力を借りて、内気な自分を叱咤するような気分なのだ。

Cimg0659

しかし酒は不思議なもので、忽ちにして人と人の中を取り持ってくれる。

やはり私達の人生には、バッカスの微笑が必要なのだ。

|

« 世渡り | トップページ | 平穏有事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッコ:

« 世渡り | トップページ | 平穏有事 »