« 平穏有事 | トップページ | 風呂に浸かって »

2010年6月26日 (土)

縛変

太古の昔から、私達人間は博打に手を染めてきたらしい。

懸物はその日の獲物から始まって、

Cimg0750

果ては国を懸物に戦争なんてことになる。

まあ、入学試験などのように私達の身の回りには、

一種のギャンブル性のある事象は溢れている。

私は、宝くじすら買わない。

Cimg0749

昔はマージャンに誘われたりしたが、それも今は一切やらない。

要するに、賭け事はからっきし弱くて、

勝ったためしがないのだ。

それに宝くじの当選確率なぞ、もともと限りなくゼロなのだ。

Cimg0617

江戸時代の宝くじは、富突と呼ばれて寺社の興行だった。

寺の普請資金を確実に稼ぐ事業だったのだ。

その富突も、明治政府によって厳禁とされた。

その宝くじが復活したのは、

Cimg0744

昭和21年の戦後復興を目的とした発行からだ。

今日ではカジノまがいのパチンコなんてのも有るけれど、

兎も角この国では、宝くじと公営ギャンブル以外はご法度だ。

博打は、「気散じ」から始まるようだ。

Cimg0742

熱中する対象が無いから、パチンコなんかに出かけるのだ。

でもその誘惑に溺れだすと、麻薬のように精神が麻痺していく。

相撲界の野球賭博は、何だか必然のような気がする。

|

« 平穏有事 | トップページ | 風呂に浸かって »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 縛変:

« 平穏有事 | トップページ | 風呂に浸かって »