« 千葉山トレイル | トップページ | 自治会連合会 »

2010年6月14日 (月)

横パスの国

日韓合同でのW杯開催から、もう8年になる。

あの時私は、

Cimg0682_2

エコパスタジアムのスタンド裏の案内所で汗だくになっていた。

ボランティアの一員として、ロシア語やドイツ語まで習った。

それにインフォーメーション対応のために、

Cimg0685

フーリガン対策に加えて、お辞儀や言葉遣いまで訓練させられた。

それで当初の目算とは裏腹に、

ゲームなど覗き見ることも出来なかったのだ。

Cimg0683

あれから8年、日本のサッカーもかなり強靭になったかと思ってた。

その期待が、先月の日韓交流試合でまったく裏切られた。

何が違うって、日本のサッカーはシュートをしないのだもの。

Cimg0686

パスを横へ横へと回して、それが出来なくなるとバックパスだ。

日本チームの印象は、ボールと遊んでるだけってとこかな。

実はこれ、技術の問題よりも日本人の精神性の故らしい。

Cimg0684

みんな仲良くパス回しをして、一向に責任を取らない。

チームプレーと言やぁ結構に聞こえるけど、

サッカーって相当に格闘技なんだよね。

Cimg0687

それでこそ観客は熱くなるんだけど・・・・。

ともあれ今夜は、カメルーン戦だ。

一気にイメチェンなんて無理だろうが、

Cimg0688

結果を恐れずにゴールに突撃して欲しいな。

ところで南アで連想するのは、ダイヤモンドとボーア戦争だ。

ボーア戦争は、大英帝国軍を敗退させた世界最初のゲリラ戦だ。

その南アの経済成長は著しい。

あのアパルトヘイトから20年足らずでの躍進だ。

BRICsのSが南アを指すほどになっている。

余談はともかく、今夜はマンデラの国からの吉報を期待しよう。

|

« 千葉山トレイル | トップページ | 自治会連合会 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横パスの国:

« 千葉山トレイル | トップページ | 自治会連合会 »