« なかじきり | トップページ | 港横浜 »

2010年7月 2日 (金)

墓マイラー

私は、唯物的人間で信仰心はかなり薄い方だ。

墓参りなぞも、年寄りの仕事と割り切っている。

Cimg0652

だから長野県などで恐ろしく立派な墓を見ると、

驚くよりもあきれ果ててしまう。

「先ずはご先祖様が大切」ということだろうが、

Cimg0655

自宅よりも墓に金をかける風土なのだ。

そりゃ~、何時かは誰もお世話になる訳だから立派に越したことはないが、

現世をさておいてと言うのでは考えてしまう。

Cimg0657

ところで最近、墓マイヤーが流行っているらしい。

旧跡や仏像を訪ねて廻る歴女や仏女の発展系らしい。

とにかく歴史上の人物の墓を訪ね歩く。

Cimg0660

勿論、関ヶ原のような古戦場も含まれる。

石田三成や龍馬、その恋人の佐奈などの墓を訪ねてお参りする。

その人の生きた時代と情熱を、その墓石の向こうに見つめるのだ。

Cimg0663

墓石には粗末なのもあろうし、陵のようなのだってある。

それはそれで故人の生涯を表しているのだろう。

それはさておき、凡人中の凡人が入る我が家の墓は粗末で良かろう。

Cimg0718

間違っても、若い墓マイラーなど来ないのだから。

|

« なかじきり | トップページ | 港横浜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 墓マイラー:

« なかじきり | トップページ | 港横浜 »