« 古代エジプト | トップページ | 人生の手触り »

2010年7月13日 (火)

無意味だけど

フッと「人生と言うのは実は無意味かもしれない」と思う。

殊に蟻の巣などを眺めると、働き蟻が右往左往している。

Cimg0921

とにかく忙しげに動き回っていて、中には踏み潰されるヤツもある。

そうやって巣穴を大きくして、それにどんな意味が有るのだろう。

その蟻達と私達も同じなんじゃないかと思ったりするのだ。

Cimg0888

それでも若い頃は発見や出会いも多くて、面白さに不自由しない。

それが甲羅を経てくると、この世の無意味さが分かってくる。

そうして、無意味なまま生きてるのは凡そつまらなくなる。

Cimg0891

それで何とか意味を見出そうとする。

だけど達磨太子じゃあるまいし、

人生の意味なんてのを開発できるはずも無い。

Cimg0804

まあせいぜい、先達に学ぶということになる。

それで40歳を過ぎた頃、4つのことを始めることにした。

それは「作る」「会う」「走る」「書く」ことだった。

Cimg0893

葡萄をはじめ色々と作物を育てる。

人との出会いのある所に出掛ける。

同人誌など機会を作っても書く。

Cimg0962

地球上の各地を自分の足で走る。

その中から、何かが見えてくるのではないかと考えたのだ。

そのいずれもが無意味なことかもしれないけれど、

Cimg0800

その中に実は楽しいことが一杯埋まっていた。

そう、人生は無意味だけれど面白いのだ。

Cimg0897

たから、無意味だと思わずに面白くやればよいのだ。

|

« 古代エジプト | トップページ | 人生の手触り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無意味だけど:

« 古代エジプト | トップページ | 人生の手触り »