« 空白の処方 | トップページ | 世界は変わる »

2010年8月 4日 (水)

天上天下唯我独尊

豪放磊落でスカッとする響きがします。

望むらくは、そんな心意気で生きたいものですね。

Cimg1113

とは言え、他人のことも考えず勝手気ままと言うのは嫌いですね。

自分ってのは、この世の中にたった一人しかいません。

それにどう考えたって、やがて独りで死んでいく孤独な生だよね。

それなら、人に迷惑かけない範囲でもっと自分を大切にすべきだ。

Cimg1090

そう思うと、この言葉の響きは素晴らしく含蓄がある。

だいたい日本人は、世間体を必要以上に意識してきた。

江戸期の隣組制度なんてのは、個々人を圧殺するために作られていた。

そんな江戸時代の身分制度とか儒教の影響なんだろうね。

Cimg1089

明治維新から140年も経たけれど、

その封建制の残骸は多少とも人々の心の中に残っている。

しかしもう、多少世間知らずと言われても、

他の誰とも同じでない唯一無二の自分を慈しむべきだ。

Cimg1085

只これは、オツムの足りないお兄ちゃん達のアレとは違う。

例えば、ズボンを尻までずり下げて街中をうろつく品性下劣なアレだ。

それにかつて増殖したガン黒なんかも含めて、

Cimg1091

あのてのものは個性でも何でもない。

唯我独尊とは縁遠い愚かさってもんだろうな。

Cimg1094

ともあれ、天上天下唯我独尊を考えたいな。

|

« 空白の処方 | トップページ | 世界は変わる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天上天下唯我独尊:

« 空白の処方 | トップページ | 世界は変わる »