« 都合のいい言い訳 | トップページ | おらんとこ »

2010年8月13日 (金)

不幸の度合い

今の日本人は、みんな不幸だと思っているんだそうだ。

だから「あの人より、ましよ!」などと慰めあっているのだと。

Cimg0944

それに、総理大臣自ら、「最小不幸社会」なんて言っている。

それ自体、後ろ向きとしか言いようがない。

「俺について来い」って言う旗印じゃないよね。

Cimg0945

現実の世の中には、幼い子供を飢え死にさせたり、

年老いた親の生死にも関心が無かったりと、

毎日不幸なニュースが溢れている。

Cimg0946

地域社会だって、「他人のことは知ったことか」になっている。

かつて「社会貧しくして、人情豊か」な時代があった。

車もTVもパソコンも無かったけど、

Cimg0949

子供達は嬉々として群れて遊んでた。

あの頃は、隣家の働き手が病気になりゃみんなで援農に駆けつけた。

何にも無かった時代の方が幸せだったかもしれない。

Cimg0950

それが今、一億総不幸の時代なんだって。

|

« 都合のいい言い訳 | トップページ | おらんとこ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不幸の度合い:

« 都合のいい言い訳 | トップページ | おらんとこ »