« 医は仁術 | トップページ | 何事かを為す »

2010年8月17日 (火)

人生の不思議

もう60年余り生きてきて、人生の不思議について思うのだ。

先ずは、終戦で父が復員し私が生まれたのだって偶然だろう。

Cimg1083

この世は空前のベビーブームで、

学校は一クラス60人もで溢れていた。

勿論、幼稚園は満員だからと入園を拒否された。

戦争が終わったはずなのに、受験戦争から企業戦士へと戦いは続く。

Cimg1095_2

そう、巨大な数の同級生は皆競争相手だった。

学生時代には、学園紛争と70年安保。

全共闘だの民青、またまたノンポリだのと・・でも結構真剣だった。

内ゲバなんてのが激しくなって、殺される学生も出たんだから。

Cimg0901

だが世の中は、そのあたりから急激な変化を始める。

新幹線開通に車の普及、家電製品の日進月歩、高度経済成長だ。

大阪万博に東京オリンピック、日を追う毎に列島が様変わりしていく。

やがて人々は、それぞれが企業戦士として、

Cimg1096

発展の担い手を自負するようになる。

そして、ジャパン・アズ・ナンバーワンなどと煽てられて有頂天になった。

その極みと共に昭和が終わった。

間もなく平成2年のバブル崩壊に至るのだ。

Cimg1176

以来、目標を失って彷徨の20年が続いている。

しかし、そんな時代を通って私は今ここにいる。

大病も放蕩もせずに今ここにいる。

枝道は無数にあったはずだが、迷路すらも通り抜けてきた。

そのことに、言い得ぬ不思議さを覚えている。

|

« 医は仁術 | トップページ | 何事かを為す »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生の不思議:

« 医は仁術 | トップページ | 何事かを為す »