« 何事かを為す | トップページ | 新車 »

2010年8月19日 (木)

生きた息づかい

「気が抜けない」と、そう思った。

先日ある方から「最近、時々力の抜けてる日があるね」と言われた。

Cimg1198

他ならぬこのブログの話である。

確かに、書きながら私自身でそう思うことがある。

文章は、正直にその時の気分や生活態度を露出させてしまう。

疲労や困惑の最中に意気健康な文章を求めても、

Cimg1205

そりゃ無理ってもんだ。

それにテーマだ。

これが曖昧だと、収拾のつかない理屈で終わってしまう。

もう一つは、感性の発露だろうか。

Cimg1204

式典などでの挨拶でも、書いたものを読むのでは

ちっとも耳に響かない。

それが自分の言葉で喋ってくれると、ストンと納得してしまう。

あれと同じで、理力(フォース)で歯切れ良く書くべきなのだ。

Cimg1203

ともあれ、落ち込んだ気分など気取られないよう

生きた息づかいを心掛けたい。

人生は、その言葉と共にあるのだから。

|

« 何事かを為す | トップページ | 新車 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生きた息づかい:

« 何事かを為す | トップページ | 新車 »