« 空蝉と春秋 | トップページ | 人生を創る »

2010年8月24日 (火)

○×願望

中学生の頃、外交官になろうと考えたことがある。

多分、当時読んだ歴史小説の影響だったんだろうと思う。

Cimg1229

それで外務省に、どうしたら外交官になれるのか照会の手紙を送った。

返事があって、「しっかり勉強しなさい」と書いてあったような気がする。

高校に入った頃、何故か小説家になれないものかと思った。

Cimg1230

それで早速、小説を書き始めた。

一週間ほどで、大学ノートに20ページ程も書いたろうか?

その後が続かなくて、嫌気がさして止めてしまった。

Cimg1232

大学では、自分が何をすべきかさっぱり分からなくなった。

世は高度成長の入り口で、労働力はどこでも必要としていた。

それで結局、そんな流れに身を任せてしまった。

Cimg1235

凡人の人生は大抵そんなもので、

大成する人間は抱いた願望をとことん追及するものだ。

ともあれ、最初の夢想から既に半世紀になる。

Cimg1237

一時代終えたというべきで、これからの願望はもっと遥かに自由だ。

図書館の本を全て読破してもよし、世界一周しようが、

はたまた社会奉仕に汗を流そうが勝手気ままだろう。

Cimg1243

むしろ選択肢が多過ぎるのに閉口するのだが、

こんどこそ初志貫徹と行きたいものである。

|

« 空蝉と春秋 | トップページ | 人生を創る »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ○×願望:

« 空蝉と春秋 | トップページ | 人生を創る »