« おらんとこ | トップページ | 医は仁術 »

2010年8月15日 (日)

同窓会への期待

今日、第84回目になる高校の同窓会に出席した。

私の高校は創立88年になるし、

Cimg1175

卒業生は2万5千人余にのぼる。

で今年も、当番年次の100名余が幹事として、諸々を仕切っていた。

Cimg1195

多分演出は、フリープロジューサーのスズキBだろうか。

川島なおみやサッカーの西川などは映像出演、

Cimg1187_3

それで最後にはマイケル・ジャクソン(?)まで登場した。

しんみりと往時を思わせる企画もあって、

Cimg1184

素晴らしい会と言えるだろう。

ところで私事だが、

Cimg1194

同窓会の静岡支部長を引き受けることになってしまった。

支部の会には大抵出席してきた。

Cimg1192

だけど、帰りにはいつも空しい疲れが残った。

久しぶりにお会いする人々との歓談も確かに良い。

Cimg1185

だが話題は、病気だとか誰それが亡くなったとか、

趣味や年金などで終わってしまう。

Cimg1183

言うならば、平板な懐旧談に終始して発見が少ないのだ。

人間社会は、人と人との関係から出来ているのであり、

Cimg1196

物事の発展もその人間関係に由来する。

ところが、沢山のベクトルをドンブリに放り込んだようなもので、

一向に取りとめも無いのが同窓会だ。

Cimg1189

折角同窓の縁の人士が集まるのだから「なるほど」が欲しい。

それには、若い人は先達に学び、年配者は若きに学ぶことだ。

その経験や考え方の違いにこそ、未来に繫がる何物かがあるはずだ。

世代を超えて集う同窓会はそんな場であるべきだろう。

「へぇー、そうんなだ」の声が聞けるよう、努力してみたいと思っている。

|

« おらんとこ | トップページ | 医は仁術 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同窓会への期待:

« おらんとこ | トップページ | 医は仁術 »