« 霊峰に挑む | トップページ | 安全と防犯 »

2010年8月 1日 (日)

体力の限界

富士山頂往復マラニックは、限界への挑戦だ。

暑さと高低差、それに距離だって110kmはある。

Cimg1080

それでも今年は快調に歩を進めた。

体調もほぼ順調だし、取り立てて問題は無い。

五合目には、午前3時12分に到着できた。

Cimg1082

防寒対策と幾ばくの栄養補給をして、山頂を目指す。

6合目、7合目、このへんで毎年高山病に苦しめられる。

でも、今年は意外に快調で希望が膨らんできた。

Cimg1084

8合目をクリアーして9合目に入る。

何故か、俄かに変調が起こった。

吐き気に頭痛、それに心臓の鼓動が変だ。

Cimg1085

口の中もかつて経験の無い苦さだ。

頂上は直ぐ上に見えている。

それでもと9合五尺に達するところで、猛烈な睡魔に襲われた。

Cimg1086

胸の辺りが気になるし、このまま進むと降りられなくなる。

そんな恐怖が襲ってきた。

かつてなら、ここまで来て頂上に達しないなんてことはなかった。

Cimg1087

『無理な無理』をしちゃいかん!

そう囁く声がする。

それで意を決して、下山することにした。

Cimg1092

下山道は渋滞につぐ渋滞で体力を余計に消耗していく。

それにしてもこんな岩ばかりの山に、かくも多くの人々が押しかけるのか。

中国人のグループが特に目立つ。

Cimg1093

その人達も、私達が田子の浦から走ってきたことを知ると、

いずれも口を開けたまま絶句状態になる。

五合目からでも難渋するのに、まさかと言う気分なのだ。

Cimg1088

そう、このマラニックは人間の限界に挑戦しているのだ。

レースを呼びかけ主催しているHさんだって、相当な覚悟で望んでいる。

その限界を試しに、今年も全国から60名余の人々が集まった。

人間の限界にも果てしが無い。

だが、今年は自分の限界を思い知らされた気分だ。

|

« 霊峰に挑む | トップページ | 安全と防犯 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントがずれてしまいました…ごめんなさい。
マラニックお疲れ様でした。ランナーさんにとやかく言える立場にはありませんが、チャレンジなさるお気持ちが凄いことだと思います。勿論目標に向かい結論を出すということも大切と思いますが…過程もとても大切にしたいです。生意気言ってすみません。
今はゆっくりお休みください。

投稿: 菊乃 | 2010年8月 1日 (日) 21時22分

 菊野さん ご覧頂いていて有難うございます。

 それに、真心のこもったコメントにも納得しました。何事も、挑戦していく過程こそ大切だと思います。

 それに、人って面白いですね。

               山草人
 

投稿: 山草人 | 2010年8月 2日 (月) 07時38分

何歳になってもチャレンジャーでいてほしい。それが川島安一という人間だよ。頑張れ。

投稿: 美智子 | 2010年8月 2日 (月) 21時45分

お疲れ様でした。

まさに
体力、気力の限界に挑戦です。

完走した人は
あの感動をもう一度

残念ながら
完走できなかった人は
宿題を残した、負け犬になりたくないと
もう一度挑戦

もうこりごりだと言った人も
少し時間がたつと
悔しい思いが沸いてきて
また挑戦したくなるようです。

富士山頂往復は不思議な魅力があるようです。

私も
呼びかけ大会のなかで
いちばんわくわくする大会です。


投稿: ヒロボー | 2010年8月 3日 (火) 20時38分

僭越ですが・・・
体力、それ以上に気力は、我々のような若い世代よりも遥かにお持ちの方だとお見受けして居ります。
若い時と同じように行かないのは仕方ない事ですが、察するに山草人さまは、日本一高い場所、日本一気圧が低い場所に、普通の人より適合し難い体質の方ではないでしょうか。
来年は例えば、事前に富士登山をされて順応させるなどをお試しになってみたら如何でしょうか。
しかし、完走や一等賞だけがお手本ではありません。
決して、体力限界などと言わず、これからも同じ姿勢で我々若い世代を牽引いて行って下さい。 
生意気申してすみません。

投稿: 若輩者 | 2010年8月 4日 (水) 17時55分

 ご助言有難うございます。

 しかしながら、富士山には何度も登っていますし、普通に登る分には何とも無いのです。

 恐らく、夜を徹して田子の浦から走っていく疲労が高山病を起こすのだと思います。今回はアミノバイタルを何度も飲んだのですが、9合目が限界でした。

 来年をどうするか、対策を発見しなければなりません。
          山草人

投稿: 山草人 | 2010年8月 4日 (水) 19時56分

始めまして、愛媛の山本です  ゼッケン7でした
 ご苦労様でした、こちらもリタイヤでした
来年は、走ることは無いと思って、帰ってきました  来年も走られるのですね
今は、チャンスがあれば と思っています
もう少し、準備が必要でした
来年も走るようでしたら、ご指導 宜しく御願いします

投稿: 愛媛の山本 | 2010年8月 4日 (水) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体力の限界:

« 霊峰に挑む | トップページ | 安全と防犯 »