« 地球の変調? | トップページ | ロシアより思いを込めて »

2010年8月31日 (火)

ロシア再訪

この月末から、昨年に続いてロシアを訪れている。

今年は、モンゴル北方のバイカル湖畔のイルクーツク他である。

東シベリアに位置する巨大過去の湖は、

Cimg1220

640kmに渡って細長く続き、この横幅も対岸まで80kmもある。

それに地殻の境目に位置しているため水深が1600mと世界一深い。

バイカル湖の南側にはブリヤート共和国がある。

ロシアの自治区になっているが、住民はモンゴル系民族だ。

Cimg1218

共和国の中心ウランウデの真南にウランバートルが位置している。

チベット仏教を信仰し、当然ながらモンゴルや中国への親近感が強い。

私達はここでも、日本茶を楽しむ会を催すことになっている。

ともあれ観光客などめったに訪れないこのシベリアの一角を、

Cimg1217

とくとこの目で見、大黒屋高太夫や高田屋嘉兵衛の痕跡探してみよう。

それにイルクーツクの街には、

抑留日本人の建設した建物も残っている。

抑留者たちはシベリア鉄道で移動させられる途中、

Cimg1215

このバイカル湖を日本海と錯覚して歓喜し、

やがて落胆の底に沈んだと言う。

そのバイカル湖の現実と神秘を肌で味わってこようと思っている。

と言う訳で、月替わりで明日から3日までブログの入力が出来ない。

残念だけどお休みして、4日からロシア情報をたっぷり書くことにする。

|

« 地球の変調? | トップページ | ロシアより思いを込めて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシア再訪:

« 地球の変調? | トップページ | ロシアより思いを込めて »