« 悪しき習慣 | トップページ | リストビアンカの日本人墓地 »

2010年9月10日 (金)

SAYAN京都の茶会

前述のように、ホテルの隣にレストラン「京都」がある。

私達は、この日本庭園風レストランを会場にお茶の会を開催した。

Cimg1383

お茶の会と言っても、あの茶道ではない。

このイルクーツクは、

茶や磁気のいにしえの交易通商路上に位置している。

Cimg1385

遠く中国の雲南などから東ヨーロッパにお茶が運ばれた通路だ。

歴史は移り変わって、今日ではここでは紅茶が飲まれているだけだ。

Cimg1386

望むらくはこの地でも緑茶を飲んで欲しい。

できれば、それは日本茶であるべきだ。

Cimg1387

何故なら、ロシアの国民病である糖尿病や肥満が緑茶で防げるからだ。

ロシア人の平均寿命は60歳前後でしかない。

Cimg1388

そいつを日本人同様10年以上延ばせるかも知れないのだ。

と言う訳で、NPO法人日本食茶の会とハバロフスク領事館の協働で、

Cimg1390

このシベリアの各地に茶と日本文化を広めるのが今回の趣旨なのだ。

先ず最初の会場のイルクーツクでは、

Cimg1393

日本に関心を寄せる人々をこの「京都」に招待してセミナーを開いた。

講師は、静岡県からお茶大使を任命されている石川美知子さんだ。

石川さんは日本食茶の会の会長で、

Cimg1394

お茶を丸ごと食べることを提唱している。

このセミナーには、カップルを中心に80人ほどが集まった。

煎茶に始まってほうじ茶、抹茶パテラから食べる茶へと続く。

Cimg1395

その合間には、日本の菓子やクレイプを提供する。

だから彼らも、決して退屈するなんてことはない。

Cimg1397

それに日本そのものに対する強い関心を抱いている様子だ。

もちろん、この10月の「世界お茶まつり2010」のPRも抜かりない。

Cimg1405

ロシア語のパンフ「緑茶の健康パワー」も熱心に読まれていた。

しこうして私達も、この日本語の通じない「京都」で、

Cimg1400

昼下がりの2時間近くを、彼らと共に満喫することが出来たのである。

|

« 悪しき習慣 | トップページ | リストビアンカの日本人墓地 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SAYAN京都の茶会:

« 悪しき習慣 | トップページ | リストビアンカの日本人墓地 »