« ブリャート民族村 | トップページ | シベリア鉄道とバイカル »

2010年9月27日 (月)

天竜路を走る

昨日は、あの夏の暑さが嘘のような天気になった。

天高く秋晴れて、なおかつ涼しい風が吹いていた。

Cimg1787

西鹿島駅8;00のスタートには、

家を朝6:00には出なくっちゃならない。

Cimg1788

浜松駅から西鹿島線にはみんなが乗り合わせてきて、

電車の中での朝食やら、早くもスタートモードである。

Cimg1791

今回は福島県の磐梯や滋賀県からの参加者もある。

涼風の中を一団になって熊水車の里に向かう。

途中の岩水寺では彼岸花が一面に咲いている。

そう! 今年の炎暑の故か、彼岸花の盛りも遅れているのだ。Cimg1792

栗のイガが転がっていたりして、

にわかに秋の風情を添えた林間の道を快いテンポで走っていく。

傍らには阿多胡川の清流が音を立てて流れ、Cimg1793

汚れの無い水が岩をぬって流れている。

マラニックならではの自然なテンポで歩を進める。

11:30には水車の里に到着。Cimg1796

ビールと蕎麦で一息つくが、休んでいると寒いくらいだ。

と、この頃から空には雲が広がり始めた。Cimg1798

水車の里から4kmも登ると、

その後は10kmほどの下り坂が続く。Cimg1799

このマラニックは、この下り坂で元気を回復できるのだ。

ともあれ2時間ほどで山里に下りることが出来る。Cimg1801

その後は天竜川に沿って走り、舟下りの乗船場が48kmのゴールだ。

昨年よりも随分と早い14;58には到着となった。

そして、このマラニックにはオマケがあるCimg1802

ゴール地点から小船で天竜を下り、それから宴会が待っているのだ。

舟では雨に降られたが、

Cimg1803

とにかく朝早くから夜まで十分に楽しむことが出来た。

皆さん、楽しく充実した一日を有り難う。

|

« ブリャート民族村 | トップページ | シベリア鉄道とバイカル »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

あれほど言ったけど参加したの 芽がでませんか(暗号)小笠山にパッチり目玉めせてな
  

投稿: かぢやけん | 2010年9月27日 (月) 21時20分

久しぶりに山草人さんとお会いできました。
先週の100キロは残念だったそうですが、
昨日は、しっかり借りを取り返したような
快調な走りでしたね。お疲れ様でした。

投稿: とっちー | 2010年9月27日 (月) 22時26分

今年は快調の走りで、後半は追いつけなかったです。
いつもすばらしいブログありがとうございます。報告に載せます。

投稿: ヒロボー | 2010年9月28日 (火) 10時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天竜路を走る:

« ブリャート民族村 | トップページ | シベリア鉄道とバイカル »