« ウランウデの茶会 | トップページ | 100kmの旅路 »

2010年9月20日 (月)

おらが敬老祭

今日は敬老の日である。

60年ほど前、小さな山間の町で始まったこの行事は、

Cimg1743

国民の祝日となって全国に広まった。

当時は、55歳以上が敬老の対象者だった。

Cimg1744

しかし今77歳以上となったが、それでも増え続けている。

長寿高齢化成熟社会なのだが、行方知れずはその社会のひずみだ。

Cimg1745

実は私の地区では、先週のうちに前倒しで敬老祭を開催した。

自治会の役員で実行委員会を作って準備してきた。

Cimg1746

75歳以上183名で、そのうち95人が出席して下さった。

簡単な式典の後は、様々な芸能で十分楽しむ一時をつくった。

Cimg1747

それで今回も「長寿・元気は地域の文化」をスローガンに掲げたのだ。

元気な長寿を地域で作って生きたいと言うほどの意味だ。

やはり長寿は。元気であってこその価値がある。

Cimg1748

そのためには、先ず体を動かすことだ。

散歩でもグランドゴルフでも、とにかく継続してやることだ。

二つ目は、人と話しをしなくっちゃならない。

Cimg1749

話をすることで心の健康が保たれる。

家の中に話し相手がいなけりゃ、是非着くの交流サロンに参加して欲しい。

三つ目は、生き甲斐を自分で作っていくこと。

Cimg1750

人は一人では生きられない。

人のため地域の為に一肌脱ごうと言う心がけを持ちましょう。

子供の見守りで、朝の「お早う」の声掛だってよい。

Cimg1751

人は、人のために生きてこそ価値があると思うのです。

式典の冒頭、僭越だがそんな挨拶をさせていただいた。

それから今年から催事を「敬老祭」とした。

Cimg1752

式典じゃなくて、地域の老若男女が一緒に長寿を祝いたい。

そんなことで、子供の出演者など総勢250人が参加してくれた。

高齢者行方不明事件はさることながら、

まずは失われたコミュニティーを取り戻すことが肝要なのだ。

|

« ウランウデの茶会 | トップページ | 100kmの旅路 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おらが敬老祭:

« ウランウデの茶会 | トップページ | 100kmの旅路 »