« 蒼龍窟を訪ねて | トップページ | 如是 »

2010年10月14日 (木)

目標と言う光

どうも私は、目標を持たないと生きられない男のようだ。

男は大抵そうだろうが、何かやっていないと不安になる。

Cimg1901

ジッとしていると、バタッて倒れやしないかって思うんだ。

その何かに、ちゃんとした目標があれば言うことはない。

この事にもっと早く、仮に40年も前に気が付いていたら、

Cimg1889

少しは自慢できる何事かが出来たのかも知れない。

しかし怠惰に流されたのか、迷路をさまよっていたのか、

既に随分と川を流れ下ってしまったようだ。

Cimg1888

正に「歳月人を待たず、盛年重ねて来たらず」である。

だが流れが穏やかになった分、海までは未だかなり時間が有りそうだ。

ならば、これまでと違った自分を見つけ出せないか?

Cimg1885

水の少ない苔生した清流に分け入っても良い。

出来るものなら、マングローブの林を探検したって面白かろう。

導水路に沿ってあの台地の畑に浸み入っても良かろう。

Cimg1883

それでもって、何が実現できるかって訳だ。

あぁ~、冒険の果てに何処に行き着くことか・・。

人間ってヤツは、安寧と冒険との矛盾をわきまえないのだ。

Cimg1853

果たして、曙光が見つかるものかどうか?

|

« 蒼龍窟を訪ねて | トップページ | 如是 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目標と言う光:

« 蒼龍窟を訪ねて | トップページ | 如是 »