« 野の小道 | トップページ | 人間の味 »

2010年10月31日 (日)

文化の香り

今、あちこちで文化祭やふれあい祭りが行われている。

日頃から練習してきた成果を披露する晴れ舞台だ。

Cimg2001

才能を磨いて光らせるには、それなりの努力の積み重ねが必要だ。

この点、飽きっぽい私は駄目だ。

Cimg2006

子供の頃から、絵も書もいわゆる造形は全くの不得手なのだ。

そもそも芸術表現は人間だけが為し得るもので、

Cimg2010

増して具象的な自己表現はその者の個性そのものなのだ。

私には、その表現手段がまったくない。

Cimg2011

だから晴れ舞台に立つ人達を、いつも眩しく眺めている。

その眩しさを求めて、ちっちゃな分化展などに出かけている。

Cimg2012

遠州横須賀は城下町だった。

街道にはウナギの寝床のような家々が並んでいる。

Cimg1999

その町家の一軒一軒が美術館になる。

今年は77人の表現者達が集まった。

Cimg2040

油彩画からガラス工芸、押し花絵画、

竹細工、写真などとりどりである。

Cimg2000

古い町並みや古寺が、場違いな輝きを見せている。

とは言え、猫に小判でその味わいの深みが分からない。

ただただ、感心するのみである。

それにしても、自分を表現できる人が羨ましい。

|

« 野の小道 | トップページ | 人間の味 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文化の香り:

« 野の小道 | トップページ | 人間の味 »