« 玄妙 狂の舞 | トップページ | 耳と耳の間 »

2010年10月 9日 (土)

些細な感動を

「何か、良いこと無い? 困ったね、こんな事じゃ」が合言葉の毎日。

経済も就活も最悪、政府は無能な素人集団。

Cimg1927

その素人が、政治主導だとおっしゃってる。

感動なんて出来る訳ないよね。

それでこういう時には、何か新しいことに挑戦するしかない。

Cimg1926

と言う訳で今年は、ささやかに白菜を育てることにした。

感動と白菜は関係ないじゃないかって?

いやいや、感動したいだけで事は些細でも良い。

Cimg1925

実は、無農薬で白菜を大量に作ってみようとしている。

アブラナ科の野菜は、普通に作ると虫だらけになっちまう。

それで育苗段階から、ネットで被って一切害虫をガードしている。

Cimg1928

それで上手く育ったら、その白菜で仲間を呼んで白菜鍋をやるんだ。

たかが白菜だけど、呼び水くらいにはなる。

それから例年のように、ホウレンソウに人参・大根も育てている。

こいつは、育てること自体に一種の感動があるのだ。

ホウレンソウの種を播くと、ホウレンソウが育つ。

Cimg1930

人参の種なら、人参の葉が出てあの赤い人参が育つのだ。

これって不思議だし、感動だよね。

もっとも、大根を播いて人参が出来たらもっと不思議か?

まあ~愚痴っているより、植物は小沢一郎みたいに嘘を言わないんだ。

とにかく育てて実りゃ可愛いもんよ。

|

« 玄妙 狂の舞 | トップページ | 耳と耳の間 »

農業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 些細な感動を:

« 玄妙 狂の舞 | トップページ | 耳と耳の間 »