« 苦肉の功名 | トップページ | 秋ぃ~! »

2010年10月18日 (月)

凡夫のならい

磐田南校三年の川島君が、

インドネシアで開催された地学オリンピックで銀メダルに輝いた。

Cimg1943

彼は水泳部所属で、地学は余技だという。

正に文武両道の好男子なのだろう。

私と対比するのはおこがましいのだが、

私の机の上に子供の拳ほどの小石がある。

Cimg1711

瑪瑙の原石で農研機構の理事長だった丸山さんから頂いたものだ。

彼は地産地消の店の「緑提灯」の提唱者として知られるが、

自然石のコレクターでもある。

かつて丸山さんは、「石は単なる無機物に過ぎないが、

Cimg1856

その中に多くの謎が隠されている。

子供の頃から、その謎が好きでずっと石を集めている」とおっしゃっていた。

惑星探査機「はやぶさ」が、

小惑星イトカワから持ち帰った小粒が話題になった。

Cimg1855

イトカワの小粒も、そんな謎解きへの好奇心の延長線上にあるのだろう。

実は高校の頃、私は地学部に所属していた。

地質とか天体、気象や岩石を対象にしている科学だ。

何故地学だったのか判然としたいのだが、

Cimg1950

石や雲に興味があったのは事実だ。

それで私も少しばかり石を集めたことがある。

しかしながら凡夫のこととて、只それだけに終わってしまった。

何事も極めてこそ先達なのだが、

しかるに「凡夫のならい 力及ばぬことにて候え・・・」(法然)なんだな!

|

« 苦肉の功名 | トップページ | 秋ぃ~! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 凡夫のならい:

« 苦肉の功名 | トップページ | 秋ぃ~! »