« 旅の残照 | トップページ | ラブ・アゲイン »

2010年10月 2日 (土)

青雲の志

「あぁ鍛錬の気は凝りて 堅き雄心ゆるぎなく

若き我等に溢るる光・・・♪・・・」の校歌斉唱で閉会する。

Cimg1814

それが私の卒業した高校の静岡支部同窓会である。

そして校歌は、

Cimg1804

何時も高校生当時の気持ちを思い起こさせてくれる。

それは、未知の将来への不安と畏怖であったろうか?

Cimg1805

同窓会には、90歳を過ぎた大先輩から30代前半の若者まで参加し、

まあ、それなりに意味のある会合が連綿と続いてきた。

Cimg1806

それに同窓会は、人生の遍歴を考えさせてくれる場でもある。

人の一生と言うものはそれぞれ違うし、人それぞれの道がある。

Cimg1807

お見えになる同窓生は、一人として同じ道を歩いてはいないのだ。

その異なった個性が集まる一時、

Cimg1808

その一時に意味を持たせたいと思う。

何がしかの「なるほど!」を持って帰って欲しいのだ。

Cimg1809

会の主催者として、そう切に願っている。

それで今年は、現代書家の大杉弘子さんを講師に迎えた。

Cimg1810

私と同期の彼女は、

昨今隆盛の書道パフォーマンスの先駆け的な人である。

Cimg1811

字とも絵とも定かでない様な「書」を書く。

字を組み立てて心を表現しようとしているのだ。

Cimg1812

彼女の作品の数々を見しながら、やはり人間拝について思っていた。

大杉弘子さんも、芸術と言う計り知れない世界を歩いてきたのだ。

彼女の高価な「書」を到底購入できないのだから、

Cimg1815

ただ感謝するしかない。

ともあれ会は、好評のうちに校歌斉唱となった。

そう、同窓会は、青春の志を蘇らせる為にこそある。

|

« 旅の残照 | トップページ | ラブ・アゲイン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青雲の志:

« 旅の残照 | トップページ | ラブ・アゲイン »