« 些細な感動を | トップページ | 限りある命の故に »

2010年10月10日 (日)

耳と耳の間

いきなりクイズだけど、

耳と耳の間にゃ何がある?Cimg1933

答えは、耳で聞いた音を判別して考える場所があるんだよね。

そこでは、「あれかな?これかな?」って考える。

Cimg1932

それで考えているうちに知恵ってもんが育つんだ。

そうそう、7回思ってそれを成熟させることを熟「」って書くんだよね。

耳から入った音が、色々なイメージを作り出す。

Cimg1929

そうして頭脳のエネルギーが、自分の行動を決めていく。

人はね、そんな具合に耳と耳の間を働かせるから人なんだ。

どっかで聞きかじった事を喋るだけなら、九官鳥だって出来る。

Cimg1931

そんなお説教をしたくなることありません?

素人政治化が幅を利かす政治主導?の永田町。

日々の職場でのこと。

Cimg1934

地域社会の勝手放題な人々。

それに、こいつは言っても始まらないが山の神の事。

・・・他人のことは兎も角、私も自省すべきだな。

Cimg1936

人間は、案外感情で判断するんだな。

耳と耳の間を働かせれば呆けないのにね。

感情が先立つと、耳と耳の間が麻痺するんだって。

Cimg1887

目と目の間には鼻があって、

目鼻は感じるためのセンサーだな。

センサーも大事だけど、人間はやっぱり考えないとね。

|

« 些細な感動を | トップページ | 限りある命の故に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耳と耳の間:

« 些細な感動を | トップページ | 限りある命の故に »