« 健やかを育む | トップページ | この世の夢 »

2010年11月19日 (金)

地震に備える

12月5日の防災訓練が間近になった。

それで今年も、県の地震防災センターを訪れた。

Cimg2146

この東海地域では、1498年の明応地震から数えただけでも、

平均すると112年に一度の間隔で5回の

(明応、慶長、宝永、安政、東南海)巨大地震が起こっている。

Cimg2145

直近の東南海地震(M7.9)は1944年だから67年前だ。

と言うことは、今後45年のうちに起こる確率が極めて高いことになる。

多分、この30年以内に天災はやってくるような気がする。

Cimg2148

だけど私達ま関心度がそれほど高いかというと、

はなはだ疑問だといえる。

昨年8月11日の震度6弱の地震でさえ、もう忘れかけている。

Cimg2150

「その時にゃ、その時だ」という諦観が先立つのだろう。

「天災じゃしょうがない」

日本人は昔から、そんなやり方で生きてきた。

Cimg2151

しかしながら、江戸の昔と今日とでは生活様式がまるで違っている。

水も電気も食糧も自給は出来ないのだ。

それに東南海と関連する地震が相次げば、

Cimg2154

本州中部のライフラインはほぼ途絶する。

なにしろ震度7の区域は、阪神淡路の4.4倍と想定されている。

私の住む集落でも、建物の42%が大破もしくは中破すると想定されている。

私も「しゃあがねえやな!」と思うのだが、

Cimg2155

災害には備えるに越したことは無い。

それでベッドの傍らに、非常持ち出し袋を準備することにした。

これには、勿論ズック靴も入れた。

はてさて、これで生き残ることが出来るのかどうか?

|

« 健やかを育む | トップページ | この世の夢 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震に備える:

« 健やかを育む | トップページ | この世の夢 »