« 人間の味 | トップページ | イチゴンさん »

2010年11月 2日 (火)

仕分けのお粗末

某政党の唯一の成果が事業仕分けだと言われている。

今回もその仕分けに注目が集まったが、全くの失望だった。

Cimg1784

「食料安定供給特別会計」を巡って、

某党議員から「輸入米を備蓄したって、安定供給できるでしょ」の発言。

流石に核心を突く「勇気」ある発言である。

Cimg2096

レンボウ流の「世界で二番じゃ何故駄目か?」も核心だった。

国民が疑問に思っていることを、何でも明らかにする。

それが大切なんだけど、誰も回答なんて出来ないよね。

もともとお米は、かつて食糧管理法ってのがあって、

Cimg2047

政府が「食糧管理特別会計」で全量管理していた。

だから農家は、米を勝手に売ったら逮捕すらされたんだ。

食管法が平成6年に廃止されて、売買が原則自由になった。

ただこの時、受給調整機能を政府が担当することになって、

Cimg2041

その一環として一定量の備蓄が必要になった訳だ。

それが外米を備蓄してどうしようって言うの? え、議員さん?

挙句の果て「備蓄で官僚の天下り先・・」とまでくると、

「一体、法律作ったの誰?」と言いたくなる。

Cimg1785

それに某大臣のゴリ押しで始まったばかりあの年金得別便も、

「ゴミ箱に放り込んでる。無駄の象徴」だって !

悪者は、ほんとに官僚なの?

国家公務員にすりゃ「まともに付き合っちゃおれん」のが本音だろうな。

この手の仕分け人の一面的で次元の低さが目立つれけど、

それが漫才さながら面白いから注目されたのかもしれない。

だけどさ、この一年タップリと準備期間があった訳で、

Cimg2074

少しゃ勉強してきたんでしょ、議員さん!

それにしてもあの特別会計の廃止ってのは、

一般会計に移し変えるだけだよね。

それで何が変わるの?

むしろ変えるのにシステム変更のために長大な金が必要だよね。

仕分けで6兆1千億円を捻出できるって、あの公約はどうなったのさ?

|

« 人間の味 | トップページ | イチゴンさん »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕分けのお粗末:

« 人間の味 | トップページ | イチゴンさん »