« 忘年ラン | トップページ | 舞太鼓 »

2010年12月19日 (日)

三風五雨

ふと目にしたこの言葉は、誰の言葉だったろうか。

人生の日々の三割りは風の日、五割は雨の降る日と思えという。

Cimg2624

全くの晴れの日は、残りの二割しかない。

雨風の強い暴風にだって遭遇する。

Cimg2611

その三風五雨の人生を私達はひた走っている。

マラソン大会と同じで、ちゃあ~んと制限時間もある。

Cimg2606

だからと言って焦って走れば、息が上がって途中で落伍しかねない。

ここは雨風を乗り越えて、

Cimg2607

一歩一歩をマイペースで着実に進む他ない。

持ち時間には大きな個人差なんてない。

Cimg2613

たけど、その深さにはかなりの差が出来る。

恐らく、その深さを決めているのが三風五雨なのだ。

Cimg2576

艱難汝を玉にするという訳だ。

つまりは、人生は深く生きてこそ何ぼではないか。

Cimg2571

だから暴風にだってあえて向かっていこう。

結果はやってみてのことだ。

Cimg2570

人生、深く生きられた時間こそが財産だからね。

それに、どうせこの世をおさらばする時ゃこの身一つだ。

人は、前に進むためにこそ走るのだ。

|

« 忘年ラン | トップページ | 舞太鼓 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三風五雨:

« 忘年ラン | トップページ | 舞太鼓 »