« 仮免許の政治主導 | トップページ | 三風五雨 »

2010年12月18日 (土)

忘年ラン

浜名湖半周35kmを走って、今年の走り納めをしよう。

それが今日の趣旨で、

Cimg2609

千葉県や東京も含めて各地から40名の仲間が集まった。

Cimg2610

朝9:30にJR弁天島駅前をスタートして、

Cimg2612

左回りに湖畔をなめるように辿っていく。

Cimg2615

舘山寺からはフェリーで湖西側のハマナコスタに渡る。

今朝は薄氷が張るほど冷えて、西風の強かった。

Cimg2618

浜名湖の東岸には西風で湖水の飛沫が吹き付けていた。

でも寒さなんて、走り出せはどうと言うことはない。

Cimg2619

思えば今年も、随分とあちこちを走ってきた。

一部レースで途中挫折もあったけど、

Cimg2620

それは長い一生にとっては貴重な教訓だろう。

失敗こそが、次の成果を生み出す基だねだからね。

Cimg2623

それもこれも含めて全てが楽しい思い出になっている。

舘山寺には11時には到着、みんなで11:45の船に乗る。

Cimg2625

それがこの師走の船だから、私達仲間の貸切になった。

よく晴れ上がった湖上の風は冷たくて、

Cimg2630

サマーランと打って変わって全員が室内に留まった。

それでもビールを少し頂いて、

Cimg2631

私はすっかり寝込んでしまった。

目が覚めたのは、礫島の近くだ。

Cimg2632

ついでだがこの礫島、琵琶湖の土で富士山を作ったという

あのダイダラボッチが作ったと伝えられる。

モッコを担いで来て湖西の山に腰を下ろして弁当を食べた。

Cimg2633

その弁当に小石が混じっていて、それをフッと吹き飛ばした。

その飛ばされた石がこの礫島なのだそうだ。

ともあれゴールの新居には3時には皆さん到着した。

Cimg2634

それからが、本番の忘年会が始まる。

屈託のない仲間の忘年会は、

Cimg2635

それはそれは晴れ晴れとして、気持ちは外の湖面に広がっていく。

呼びかけ人の萩田さん、今年もお世話になりました。

|

« 仮免許の政治主導 | トップページ | 三風五雨 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忘年ラン:

« 仮免許の政治主導 | トップページ | 三風五雨 »