« 遠州三山巡りラン | トップページ | そろそろ元気 »

2011年1月 3日 (月)

初出式

今朝は、市消防団の初出式に出席した。

言うまでも無く出初は、

Cimg2715

江戸の昔から続いている消防の仕事始めだ。

江戸の町には家毎に火元が有ったから、

Cimg2704

とにかく火事が頻発していた。

だから火消しは、江戸の治安そのものでもあった。

Cimg2707

そんな訳で万治元年(1659)に上野東照宮に火消しが集まって気勢を上げた。

その姿が、江戸庶民を大いに安心させたらしい。

Cimg2710

それ以降、出初の行事はづっと続いている。

ともあれ、出初は新春の季語にもなっているほどだ。

Cimg2711

消防団員は1600人余、彼らのキビキビとした儀式は、

私達の新年の気引き締めるのに十分だ。

Cimg2712

かまどや焚き火が減った今日、火事は極めて少なくなった。

でも一旦火事になったら、消防の機動力に頼るほかない。

Cimg2706

それに近頃では、倒壊家屋からの人命救助も担当する。

救急も含め私達の大切な安全弁なのだ。

Cimg2713

自分勝手な世の中になって、

消防団への加入者が激減している。

ボランティアで縁の下を支えるのだから、

Cimg2714

何がしかの使命感が無いとやれないだろう。

ただ、消防団で多くの仲間を得、コミュニティーの原点ができる。

これは一生の財産になる。

人は、共に汗をかいてこそ親密になれるのだ。

ラッパ隊の吹奏に合わせて儀式は進んでいく。

昔と違って、放水やら梯子乗りがある訳じゃないけれど、

やはりボランティアを元気付ける重要な儀式だ。

|

« 遠州三山巡りラン | トップページ | そろそろ元気 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初出式:

« 遠州三山巡りラン | トップページ | そろそろ元気 »