« 仕切り直し | トップページ | シルクロードを走った男 »

2011年1月29日 (土)

人は石垣 人は城

城郭を見上げる度に、武田節のそんな一節を思い出す。

Cimg2858

事実、城は形でしかあるまい。

武田節に歌われたように、信玄はさほど堅牢な城郭を築かなかったが、

中世における城郭は勿論重要な戦略拠点だった。

Cimg2857

私達は、その城郭を単なる歴史遺産ではなく、

人の生き様を象徴する建造物として見ている様だ。

掛川城は、山内一豊の城だったことがある。

Cimg2859

そして彼は、関ヶ原決戦を前にしてこの城地を投げ出すことで、

土佐24万石をゲットするのである。

言うならば、一生一代のゴマすりであった。

Cimg2860

その城地献上の一言が、諸将を一気に東軍に加担させることになった。

歴史の転換点に大きな役割を果たしたのだ。

どうせゴマをするなら、徹底して擦れと言うことだろうか。

Cimg2861

城に魅せられた男もいた。

バイエルンの王、ルートビッヒ二世だ。

彼は1886年に、あのノイシュバンシュタイン城を完成させている。

飛行機の飛ぶ19世紀に、

Cimg2862

あの壮麗稀代の城を築いたのだ。

そして今、バイエルンの一大観光地として世界中の人々を引きつけてもいる。

ルートビッヒの浪費と夢想が、後世に意外なミュージアムを提供したのだ。

掛川城も篤志家と市民の寄付によって建設された。

そして今、この街のヘソになっている。

|

« 仕切り直し | トップページ | シルクロードを走った男 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 仕切り直し | トップページ | シルクロードを走った男 »