« 伊豆に思う | トップページ | 冬の花 »

2011年1月 7日 (金)

思いつきの愚

今朝は、七草粥を頂いただろうか?

新春の野に芽吹く草の生命力を取り入れて活力を養う慣わしだ。

Cimg1535

迷信と一笑に付すのは簡単だが、

この国には瑞穂の文化とも言える習慣が満ち満ちている。

Cimg2300

正月の注連飾りも秋のお祭りも、新嘗祭、庚申講など、

それに餅を食することですらそうだろう。

Cimg2305

私達は、ただ今日と言う瞬間にだけ存在する訳ではなく、

様々な習慣の中から国家観や人生観を育ててきたのだ。

Cimg2386

しかるに、ある日突然思いついたような政策を

国の最高責任者がやっているとしたら、この国に救いはない。

Cimg2388

2国間のFTAすら結べないのに、

その最大の問題国のUSAやオーストラリアを含む

Cimg2584

TPPに加入しようと言うのは思いつきにしても不可解な話だ。

「開国」と言っているが、内実は米と畜産物の国内生産の放棄だ。

日本の食糧は既にあらかた輸入品になっていて、

Cimg2585

先進国で最も低い食糧自給率なのだが、まだ足りないらしい。

仮に一俵(60kg)5000円のカリフォルニア米が無税で輸入されれば、

この国の水田のあらかたは荒地になるだろう。

Cimg2687

それは、昭和30年代の麦と同じことだろう。

米と肉の放棄で、相手国の工業品への関税を下げてもらう。

これが開国の正体だ。

一方で政府は、食糧自給率を10%上げると公約している。

まさに国民を騙す「開国」なのだ。

一人思いついて悦に入っているとしか思えない。

思えば参議院選挙直前の消費税発言、

過去の投資を無為にする諫早湾の開門など、

よくよく検討の上でのこととは到底思えない。

中国の胡主席との3分の対面すらメモを読む始末だ。

要するに、この国の指導者には哲学のカケラすら無いらしい。

こんなことで良い筈が無かろう。

|

« 伊豆に思う | トップページ | 冬の花 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

突然のおじゃま、失礼します。TPPのご意見ごもっともです。アメリカに、日本にまだ残ってる良いものを全てあげてしまう恐ろしいものです。<日本医師会は12月1日、TPP参加が、混合診療の全面解禁につながり、最終的に国民皆保険が崩壊しかねなと懸念を表明。株式会社の医療機関参入で、患者の選別、負担増、不採算部門や地域からの撤退、医師や看護師や患者の国際的な移動がマンパワーの不足や偏在に拍車をかる懸念。混合診療解禁の自由価格の医療市場は、諸外国には魅力的だが、混合診療の全面解禁につながり、最終的に国民皆保険が崩壊しかねないとの見方を示した。>
田中康夫ちゃんのyouTUBEがとても勉強になりました。http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=channel
http://www.youtube.com/watch?v=aV4fmGVP3kw&feature=channel

投稿: プーニャン | 2011年1月 7日 (金) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思いつきの愚:

« 伊豆に思う | トップページ | 冬の花 »