« 世を遊ぶ | トップページ | 氷河乳 »

2011年2月 2日 (水)

ご近所さん

路線バスが撤退して、全国の自治体で自主運行バスがブームになった。

交通弱者救済がその大義名分だった。

Cimg2936

私の住む市にも14系統の自主運行バスが走っている。

しかし、利用者は限られる上にその人数も年々減っている。

バスストップまでの距離や便数、路線とニーズのギャツプなどが原因だ。

Cimg2932

さりながら広いエリアを上手くカバー出来るアイディアもない。

それで市では、毎年一億円余をこの運行に費やしてきたが、

いよいよ打開策を模索し始めている。

Cimg2924

一方、高齢化世帯の増加もどんどん進んでいるし、

近くの商店もみんな無くなった。

自転車に乗れるうちは何とかなったのだが、

Cimg2906

それも困難な独居老人が増えていく。

さて、一体これからどうするのかと言うのが地方の課題なのだ。

ボランティアによる生活応援クラブの結成や、

Cimg2836

デマンド型タクシーの試行などが続いている。

だけどボランティアに手を挙げる人は決して多くは無い。

やはりここは、「お近所さん」の復活が必要だろう。

Cimg2834

困っている人がいれば近所で手助けする。

それが江戸の昔から村の慣習ではなかったか。

近所づきあいの復活こそ求められるのだが・・・。

Cimg2828

新しい村十部の構築を真剣に考えてみたいと思っている。

|

« 世を遊ぶ | トップページ | 氷河乳 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご近所さん:

« 世を遊ぶ | トップページ | 氷河乳 »