« ご近所さん | トップページ | ブログと日記 »

2011年2月 3日 (木)

氷河乳

ヒマラヤの谷間にフンザと言う半独立国がある。

そこに氷河が大地を削って作り出す氷河水が湧いている。

Cimg2873

それで、その水をがぶがぶ飲んでいる国民は病気知らずだと言う。

みんな長寿で棺桶に入る直前まで歌い踊り、

そして男女は交わるのだとか。

大地のミネラルには途方もない力があるらしく、これを氷河乳と呼んでいた。

Cimg2872

しかしながら近年では、化学物質の混入でその効果もガタ落ちなんだとか。

氷河乳は失われてしまったようだが、この日本に似た物があった。

それはお茶だ。

お茶は、紀元前の神農の時代から飲み続けられてきた。

Cimg2174

日本では鎌倉以来、薬としてもミネラルの補給源としても珍重されてきた。

その科学的因果関係についても、この20年であらたか実証されている。

だけど人間ってヤツは、それを目の前で見せ付けないと信用しない。

先日のNHKの試してガッテンは、それを少しばかり見せてくれた。

Cimg2871

先週、掛川駅の売店に行列が出来ていた。

何事かと思ったら、掛川茶を求める行列だった。

お茶を丸ごと飲むことで病気知らずでいられる。

そのことに、人々が吸い寄せられているのだ。

Cimg2870

栄西禅師が喫茶養生記を著したのは12世紀のことだ。

お茶の効能はつとに知られていたはずなのだが、

現代人にはマスコミが全てなのだ。

Cimg2069

ともかく、私達が自然の力で生かされていることは厳然たる事実だ。

それは私達の命も自然の一部だからだろう。

|

« ご近所さん | トップページ | ブログと日記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氷河乳:

« ご近所さん | トップページ | ブログと日記 »