« ブログと日記 | トップページ | シーズン突入 »

2011年2月 5日 (土)

人生の午後

人生に午前と午後があるなら、

還暦を過ぎればそれは紛うことなく午後の時間だろう。

Cimg2879

しかも来し方を振り返り、やがて訪れる夕闇までを過ごす一時なのだ。

その事を忘れて、何時までも若いつもりで出過ぎるのは見苦しい。

Cimg2878

人生というのは、不可思議な一回だけの物語だ。

しかもそれは運命に意志が掛け合わさった自分だけのものだ。

Cimg2877

問題は、団塊の世代が遭遇しているこの午後の一時を如何に過ごすかだ。

見るべきほどの事は見てきたのだから、

Cimg2876

ひねもすのたりとうたた寝するのも一興、

過ぎてきた懐かしい日々の追憶に生きるのも良かろう。

しかして、人生の午後は何時まで続くのか分からない。

Cimg2875

その間に何をして何をしないのか、問題はかかってその一事にある。

しからば身の程に適う役割とは何か。

それは適当に金を使って内需を拡大すること。

Cimg2874

それに人の為に体を動かすことだろう。

自分の為に生きるのは程々にすることだと思う。

Cimg2789

そうすりゃ、仮になが~い午後になったとしても生きる意味がある。

この世に無形の置き土産だって残せるかもしれない。

Cimg2728

厭世ではなくて「うき世になにか久しかるべき」(伊勢物語)なのだ。

|

« ブログと日記 | トップページ | シーズン突入 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

人生を24時間で、カウントてすか?
そう~。そしたら山草人様は、仕事も終わり帰宅の6時頃ですかね~?
残業したら?
仕事は完了?
では夜のお楽しみへアフターファイブへこれからの時間は、、地域の為使う時間ですかね?。
地域に根差した生き方、良き仲間も増える時ですかね。
私にも町内の役を楽しむ時など恩返しの時間が来るのでしょうね。

投稿: ひろ | 2011年2月 5日 (土) 22時08分

 おっとっとっと、ひろさん馬鹿言っちゃいけません。

 私の午後は午後でも、未だお昼過ぎの3時頃なんですよ。日はまだかなり高いし、昼寝なんてする頃合でもない。一番充実して自由を謳歌しようという時間なのです。

 仕事も面白かったけど、人生ってヤツはそれだけじゃない。これまで制約されていた所へも羽を延ばしてね、人間をも自由に見ることが出来る。

 それが私の午後なんです。どうです、羨ましいでしょ!
             山草人

 

投稿: 山草人 | 2011年2月 6日 (日) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生の午後:

« ブログと日記 | トップページ | シーズン突入 »