« 泣いてくれる? | トップページ | 人生ちょぼちょぼ »

2011年2月19日 (土)

無縁社会の所以

人間の世界は嫉妬の世界だ。

同期入社の同僚が少々早く係長になっただけでも、

Cimg2588

平常心を保てないのが普通の人間だ。

ガキの頃、隣の席で鼻水たらしてたヤツが市議会議員になったら、

Cimg2657

それだけで我が身の不幸を呪ってしまう。

表面を繕っていたって、所詮人間なんてそんなようなもんだ。

逆にそういう人間関係がなければ、この社会は進歩しないし発展もない。

Cimg2785

つまり人間は、遊んだり喧嘩したりして競い合って知恵をつけていく。

それにかつては社会全体が貧しくて、

知恵を働かせねば生きていけなかった。

Cimg2892

それが高度経済成長で、社会も家庭もそれなりに豊かになった。

すると、それほど競い合わなくても生きていけるようになる。

それに輪をかけて教育も福祉も競争しない生き方を助長しちゃつた。

Cimg2940

そんな折に日本の経済も下降を始めて、就職氷河期を迎えたのだ。

自分を他人に認めさせる訓練に乏しい若者は、

Cimg2942

必然的にこの冷えた社会から弾き出されてしまう。

いわんや他人を押しのけて伴侶を得ようなどとはしない。

Cimg2943

つまり、なすべき仕事も認め励ましてくれる人も無いままに、

「私は、居なくても良い存在・・」などと自己否定に陥るのだ。

Cimg2945

私達は、嫉妬も含めて人間と人間の関係なくしては生きられない。

人と付き合う知恵が、暮らしを楽しむ術にもなるのだ。

無縁社会を脱するには、

Cimg2987

お互いにもっと貧しくなって、互助しあう関係性が生まれることだろう。

|

« 泣いてくれる? | トップページ | 人生ちょぼちょぼ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無縁社会の所以:

« 泣いてくれる? | トップページ | 人生ちょぼちょぼ »